タグ:根の治療 ( 6 ) タグの人気記事

「失敗しない歯内療法」

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら



a0140882_13560215.jpg


先日所属している千葉の勉強会で外から先生を呼んで講演していただきました。四谷で開業なさっている澤田先生です。
ご専門は歯の根の治療です。顕微鏡を使った根の治療についてどのように行うのか、世界の最先端の治療を垣間見ることができました。
根の治療の予約時間1人1時間半、1日に診療する患者さん5人。このような働き方でないとできないのかもしれませんね。。。。。
マイクロスコープ(顕微鏡)欲しいんですけどね〜。なかなか簡単に購入できるものではありません(笑)


by isseism | 2017-11-07 07:59

根の治療 広島効果②

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら


a0140882_21350877.jpeg

最近の根の治療後のレントゲン写真です。根の先まで緊密に薬が詰まっています。
昨年広島で学んだ根の治療のシステムが上手く機能しているようです。

細菌が感染(虫歯)することで神経に致命的な炎症が起きてしまった後、細菌が増えるためのスペースを出来るだけ残さないように神経の通り道だった歯の内部に隙間を作らないようにするのが治療の目的です。
この目的が達成できればどんな方法でも構わないと思うのですが当院が採用したシステムはかなり緊密に薬を詰めることが出来ると考えております。
従来法よりも少し手技的に難しいですし、コストもかかりますが根の治療がきちんとなされていないとその上にいくら高価な被せ物を乗せても意味がありません。
患者さんに安心して被せ物を使って頂くためにも目に見えないこの治療に気合を入れて挑みたいと思います。

患者さんから見れば何をやってるかよく分からない治療ですが、気合を入れて行っております。
長時間お口を開けたままで大変かと思いますが歯の予後に大きく影響します。歯科医師の頑張りどころですので少々頑張って頂けると助かります。





by isseism | 2017-04-10 20:34

根の治療 広島効果

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

25年ぶり優勝で盛り上がる広島で勉強した根っこの治療。
少しずつですが効果が出てきていると思います。

a0140882_10122502.jpg

上アゴの前歯と下アゴの奥歯の治療前後のレントゲン写真です。
上段の上アゴの前歯の状況はなかなか大変そうです。以前の当院であれば確実に歯根端切除(根の手術)の適応ですが、新しい根の治療法のおかげで黒い影へお薬を届かせていることが出来てそうです。もちろん経過を見ていかないといけませんが手術よりもずっと患者さんにとっては楽だと思います。

下段のレントゲンの下アゴの奥歯は治らないとの訴えで当院へお越しいただきました。
根の先まで緊密にお薬を詰めることで、症状は数日で軽快していったとのことですがレントゲンでも影が小さくなってる様子が確認できます。

開業医として患者さんを診療し続ける限り研鑽を続け、良い医療として地域の患者さんに還元したいいと思います。
時折休診にして勉強しております、ご了承ください。


by isseism | 2016-11-08 09:09

広島

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

9月10~11日は広島で歯の根の治療の講習会に行ってきます。
実はこの講習会なんと4年越しにようやく受講できることになりました。
そのための準備として重度歯周病で抜歯に至ってしまった歯のレントゲン写真を撮影して根の中の複雑な神経の通り道を確認しています。
a0140882_22580496.jpg
広島でより良い根の治療法を学んでまいります。
私は広島カープファンではないのですが、、、、喧騒の街を尻目に勉強してまいります。
9日午後より休診とさせていただだきます。ご了承ください。


by isseism | 2016-09-08 21:57

根の治療(根管治療)

a0140882_22324396.jpg


歯の中には神経、血管が入っています
歯は生きていますが虫歯による細菌、歯が割れたりする事で入る細菌により炎症を生じ痛みを引き起こします。温かいものが痛い場合は神経が自力で消炎することが出来ない事が殆どで神経を取る必要があります。(治ったというより感じなくなっただけですが、、)
すると歯の中は空洞になってしまい今度は骨の中にまで細菌が到達ようになってしまうのです。
そのためこの空洞を埋める治療が必要になってきます。
(上写真の黄色い丸の中です。左が治療前、右が治療後この後土台をたて歯をいれていきます)
(歯の中の神経、血管は外からの細菌の侵入を防いでいるのです)
前歯であれば2〜3回の治療ですが、奥歯は根が複数ありそれだけ時間がかかってしまいます。
当院では下あごの奥歯の根の治療には出来るだけゴムのシートをかけて治療中に口の中の細菌が根の中に入らないようにしています。(ゴムがかけられない場合もありますが、、、)
by isseism | 2011-02-28 22:31

国が違えば

当院では下顎の大臼歯の根の治療(根管治療)にはラバーダムシート(ゴムのシート)を歯に被せて治療を行っています
根っこの治療の目的は可及的に根の先を無菌にすることなので、治療中に唾液が入ってしまうのは好ましくありません(唾液中には細菌が沢山)
しかしこのゴムシート、数年前までは保険診療として認められ1回の根の治療につき100円で出来ていたのですが保険請求出来なくなりました、、。完全に歯科医院のサービスとなってしまいました(100円でも全然赤字なんですが)
殆ど全ての患者さんはゴムのシートをかけられるのは初めてとおっしゃられるので、保険から外れてから殆どの先生は使用されていないようです。当院でも下顎の大臼歯のみに使用していました、、

a0140882_234527100.jpg



しかし海を越えれば、、、国を違えば、、、右下の写真おそらく、、、患者さんはワンちゃんなのでは、、全身麻酔下にて根の治療をしているようですが、、上あごの根の治療ですがラバーダムシートをかけてもらっているのです!!先生は拡大鏡を使用しており、隣には根の長さを測る器械の前にもう一人の先生!
日本での人間の歯の治療よりも良い医療を受けている模様です(上手い、下手という意味ではなく、医学的な根拠に基づいた医療という意味です)
しかし歯科医院も赤字ではやっていけないのです、、日本の歯科保健医療の抱える問題は大きいのかもしれません
by isseism | 2011-02-27 22:35

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism