人気ブログランキング |

タグ:スタディーグループ ( 5 ) タグの人気記事

インプットアウトプット

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

a0140882_23591588.jpeg

先週は木曜日にお休みをいただきました。
6年前からお世話になっている福岡での勉強会が東京でも開催されることとなりました。
ほんの少しですが歯医者さんを相手に講義をしました。
「口の中の写真を撮る目的とその意義」についてです人前で喋ることの大変さを痛感いたしました、、、、。
少しでも受講している先生方のお役に立てればと思っております。

 週末は千葉の勉強会だったのですが、症例検討会の前に光学印象(ペン型のスキャナーでの型取り)のデモを販売業者さんに行っていただきました。
私が歯科医師として働いてる間には、あの型取り(ぐにゃっとしたものを口の中で数分間保持する)はなくなると思われます。
時代の進化に取り残されないようにしたいと思いますが、、、、現時点ではとてもすぐに購入できる価格ではありませんでした。


by isseism | 2018-08-09 00:06

四半世紀

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

a0140882_13542552.jpeg

先日所属しているスタディーグループ(歯医者さんの勉強会仲間)での例会がありました。
発表していただいた先生は私と同年代の先生と大先輩の先生でした。大先輩の先生の症例はなんと初診から25年の経過があるものでした。

治療の内容よりも患者さんと25年間付き合って、その記録があることに本当に驚きました。当時はデジタルカメラなどなく口腔内写真の記録、管理なども今とは比較にならないほど大変だったはずです。治療にかける「想い」は誰にも負けないようにやりたいと常に思っています。自分の行った治療が患者さんのお口の中でどのような経過をたどっていくか、それが正しい治療だったのか、全ては患者さんとの長いおつきあいがなければ分からないことです。

治療の先に患者さんの暮らしがあり、口腔内の健康に寄与することでその暮らしが少しでも長く、少しでも豊かにあってほしいと思いました。


by isseism | 2018-06-13 14:02

「失敗しない歯内療法」

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら



a0140882_13560215.jpg


先日所属している千葉の勉強会で外から先生を呼んで講演していただきました。四谷で開業なさっている澤田先生です。
ご専門は歯の根の治療です。顕微鏡を使った根の治療についてどのように行うのか、世界の最先端の治療を垣間見ることができました。
根の治療の予約時間1人1時間半、1日に診療する患者さん5人。このような働き方でないとできないのかもしれませんね。。。。。
マイクロスコープ(顕微鏡)欲しいんですけどね〜。なかなか簡単に購入できるものではありません(笑)


by isseism | 2017-11-07 07:59

今月の図書

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

a0140882_10492287.jpeg

出入りの材料屋さんが持ってきた書籍です。この材料屋さんとも開業前からの付き合いなので私が興味をひきそうな本を理解していただけているのかその場で購入させていただきました。

歯科医師が研鑽を続ける上ではお互いに自院での治療を紹介し他の歯科医にみてもらい、「ここはこうした方が良かったのでは」「医学的な根拠からみたらこんな治療法の方が好ましいのでは」など様々な意見をもらえる場に参加していかないといけないと思います。
その歯科医同士の症例検討会には当然ルールやマナー、あるいは他の歯科医にみてもらい意見をもらうための写真やレントゲンは揃っているのかなど様々なことを身につけてから参加しないとなりません。

このような勉強会に参加させてもらうようになってからだいぶ経っているので、読み始めた時は『私よりもう少し若い先生向けの本だったかな』と思いましたが読みすすめるうちに当然ですが自分の至らない点を多く気づかせてもらいました。

大変ためになりましたし今後も研鑽を続けていく上でとても役立ちました。研鑽を続けるのにはかなりの根気が必要であり時にくじけそうになってしまうのですが歯科治療に情熱を持って一生の仕事としていく上での心構えも再認識させていただきました。今後も研鑽を続け患者さんにいい治療として還元していきたいと思います。



by isseism | 2016-12-24 08:48

型とり法について

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら


所属してる歯医者さんの勉強会で発表してきました。
発表内容は精度の高い型とり方法についてです。

a0140882_11412482.jpg



1本の歯の型とり法についても様々な方法があります。
当院では①歯だけの型とりのフレームで型を採って
②それを他の歯の型とりのフレームでまとめて同時に型を採る
という方法を採用しています。

最大のメリットは型を採る対象の歯の本数が多くなった際のエラーの少なさなのかなと思いますが、当院では自費診療の型採りは1本のものでも全てこの方法を採用しています。

最大のデメリットは難しい、、、ということに尽きると思います。
ここ数年はエラーもなくちゃんと型採りできているつもりでいたのですが、、、、
まだまだ研鑽の必要がありそうです。

今回も他の先生に多くの指摘を受けることでより自分の治療を客観的に見ることができました。
休診にして勉強しに行くことが多くご迷惑をおかけしてしまいますが必ず患者さんへ還元いたしますのでご理解いただけると幸いです。
by isseism | 2016-08-09 10:41

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism