タグ:インプラント ( 2 ) タグの人気記事

インプラント治療②

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら


昨年インプラント治療についてを当ブログにてアップしたところ、以降記事ランキングではずっと1位になっております。少し意外に思いましたがそれだけニーズがあるということなのでしょうか。

a0140882_9353211.jpg

当院では親知らずの移植、歯根端切除、牽引などを積極的に取り入れておりますので開業してから5年間で「移植:インプラント=10:1」位の割合だと思います。移植の方が数としては10倍程多いです。ご自身の歯で噛むということが最もいいことだと確信しているので今後も移植治療は続けていきます。
インプラント治療は「とてもうまくいった移植治療」には到底及ばないのですが、一般的な移植治療の予後とインプラント治療の予後を比較する移植の方が絶対にいい!というわけではなさそうです。
治療によって得られる効果をよく考えて治療を選択していきたいと思います。

移植可能な歯がある場合は移植優先で間違いないと思いますが、移植出来る歯がない場合にはインプラントも治療の選択肢に入れて残った自身の歯を長くつかえるようにつとめたいと考えております。

写真は前歯を折って失ってしまった患者さんへのインプラント治療です。
左右の糸切り歯とさらにその後の歯を大きく削ってブリッジ治療はインプラントよりも難しいでしょうし安定した義歯を歯を削らずに作製するのも困難に思えます。
様々な治療法がありますのであまり否定的にならずに選択肢の1つとして捉えられるのがいいのかなと思います。
[PR]
by isseism | 2016-01-22 08:56

インプラント治療

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

a0140882_10375978.jpg


当院で行ったインプラント治療です。
最近は一時のインプラントブームも去りどちらかと言うと否定的な報道も多くみられ「インプラント=ワルモノ」といった風潮まであるように感じますが本当にそうでしょうか?

写真の患者さんは初診でお越しになった際は既に歯がない箇所もあり、抜歯以外の治療法がない歯もありました。出来るだけご自身の歯で過ごしてもらいたいと考えておりますので親知らずの移植☆、根の手術◯も行っております。

インプラント治療部↑は歯がすでになかった部位とどうしても歯を保存することが出来ない部位でした。
そんなときには取り外し式の入れ歯治療でなければ、両隣の歯を大きく削ってブリッジ(橋をかける)治療となります。このかたの場合は左上は糸切り歯を大きく削る必要が、左下は糸切り歯を失っているので前後あわせて3本の歯を大きく削らなくてはなりません。
30代の患者さんですから残りの人生の長さを考えるとブリッジ治療はどうしても歯科医師としては躊躇してしまいます。将来的に奥歯を失った場合に糸切り歯の有無が義歯の安定に大きな影響を与えることは歯科医師であれば皆知っていますので、やはり出来るだけ糸切り歯を削りたくはありません。
インプラント治療は両隣の歯を削ることなく固定式のものを入れることが可能ですし、大きな入れ歯の下に1本入れれば劇的に入れ歯が安定することも多いです。

どんな治療もいい面と悪い面があるので常に客観的に考えられるようになり、残りの人生の長さを充分に考えた過不足のない治療を提案出来るようになりたいと思います。
[PR]
by isseism | 2015-12-04 09:37

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism