<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

術後1年3ヵ月

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら

a0140882_15233980.jpeg

根の先の手術をした患者さんです。右上の前歯に膿が出て違和感があるとの訴えでした。
レントゲンを確認すると太い大きな金属の土台により歯の横側に穴が空いていることが想像されます
根の先もお薬が届いていないかもしれません
通常の根の治療では治すことが難しいと判断し根の手術を行いました。
歯の根を確認すると部には穴が空いており歯石のような黒い塊も付着しています。これは通常の根の治療では除去できませんので根の手術を選択して正解だと考えられます。根の手術をすると稀にこのような黒い塊を確認することができます。
a0140882_15234030.jpeg

根の先と横に空いた穴部位にスーパーボンドを詰めて表面を磨きました。レントゲンを確認しても綺麗に詰まっていことが確認できます。
最近では歯根端切除術の詰める材料はMTAセメントと呼ばれるものが主流となってきているようです(当院でも使用する場合があります)がこのように根の横に穴が空いてしまった場合はMTAセメントを詰める器具を使用するのが非常に困難です。スーパーボンドであれば細い筆が1本入る隙間があればこのように詰めることが可能です。
a0140882_15234108.jpeg

レントゲンを比較すると1年3ヶ月後には根の周囲にほぼ骨が出来ているように見えます。
まずは一安心ですね。当院では根の手術後のフォローは1年後、2年後、3年後と3年間見させていただきたいとお願いしているのですが、、、、
大体の患者さんは1年後くらいまでしか気にしてくれていませんね(笑)
経過良好であることを祈っていますがたまに拝見させていただけると嬉しいです。


by isseism | 2017-11-11 10:55

「失敗しない歯内療法」

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら



a0140882_13560215.jpg


先日所属している千葉の勉強会で外から先生を呼んで講演していただきました。四谷で開業なさっている澤田先生です。
ご専門は歯の根の治療です。顕微鏡を使った根の治療についてどのように行うのか、世界の最先端の治療を垣間見ることができました。
根の治療の予約時間1人1時間半、1日に診療する患者さん5人。このような働き方でないとできないのかもしれませんね。。。。。
マイクロスコープ(顕微鏡)欲しいんですけどね〜。なかなか簡単に購入できるものではありません(笑)


by isseism | 2017-11-07 07:59

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism