<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かぶせ物の精度

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら


当院では院内に技工士さんがおりませんのでかぶせ物作製は全て外の技工士さんへ委託しています。技工士さんは患者さんの口の中を直接みることは出来ませんので医院から出ていく模型とお口の中が出来るだけ同じ、、限りなく近い状態が好ましいわけですが、、、。
a0140882_13325638.jpg

写真は当院で先日セットしたかぶせ物です。
左上が技工士さんが模型の上で作ってくれた時の噛み合わせの状態です。
左下は全く調整しないでそのままお口の中に入れた際の噛み合わせの状態です。

かなり近似しているのが分かります。自院の治療ですがここまで模型とお口の中を一致させるのは実は意外に大変なことなのです。

右上の写真はこんな風な噛み合わせが理想的という見本です。しかし実際に歯をかぶせる患者さんはもう歯を何十年と使われている方が殆どですからこのような噛み合わせを再現する意義は少ないと思われます、、、。ですからこの噛み合わせを目標としたというよりは、模型とお口の中を出来るだけ同じにすることを目標とした結果です。

本当にここまでの精度は大変なのですが、、、なかなかご理解頂けない箇所ですね(笑)。
セメントでくっつけた際にわずかに浮き上がったでしょうか。
いつも素晴らしい補綴物を作製して頂いているF技工士さんありがとうございます。
by isseism | 2016-01-26 12:32

インプラント治療②

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら


昨年インプラント治療についてを当ブログにてアップしたところ、以降記事ランキングではずっと1位になっております。少し意外に思いましたがそれだけニーズがあるということなのでしょうか。

a0140882_9353211.jpg

当院では親知らずの移植、歯根端切除、牽引などを積極的に取り入れておりますので開業してから5年間で「移植:インプラント=10:1」位の割合だと思います。移植の方が数としては10倍程多いです。ご自身の歯で噛むということが最もいいことだと確信しているので今後も移植治療は続けていきます。
インプラント治療は「とてもうまくいった移植治療」には到底及ばないのですが、一般的な移植治療の予後とインプラント治療の予後を比較する移植の方が絶対にいい!というわけではなさそうです。
治療によって得られる効果をよく考えて治療を選択していきたいと思います。

移植可能な歯がある場合は移植優先で間違いないと思いますが、移植出来る歯がない場合にはインプラントも治療の選択肢に入れて残った自身の歯を長くつかえるようにつとめたいと考えております。

写真は前歯を折って失ってしまった患者さんへのインプラント治療です。
左右の糸切り歯とさらにその後の歯を大きく削ってブリッジ治療はインプラントよりも難しいでしょうし安定した義歯を歯を削らずに作製するのも困難に思えます。
様々な治療法がありますのであまり否定的にならずに選択肢の1つとして捉えられるのがいいのかなと思います。
by isseism | 2016-01-22 08:56

ひかり断線

東部歯科診療所のブログです。
東部歯科診療所ホームページはこちら



19日、20日午前中と2日間当院の電話が繋がらなくなりました。
お電話頂いた患者さん、ご迷惑おかけし申し訳ありませんでした。
直接窓口にお越しいただいた患者さん、有難うございました。原因はNTTひかり回線の断線でした。

修理にきた方に聞いたところ、風の影響で線がたわんだ→そこに背の高いトラックが通った→断線
であろうとのことでした。

まず電話が繋がらないことを伝えるのに故障受付センターに電話。繋がるまでに1時間半。。。。。
修理は1日後。。。。。。。

a0140882_1522203.jpg


無事に復旧致しました。
本当に申し訳ありませんでした。
左下の写真の細い青い線が光通信用の線だそうです。あまりの細さにビックリしました。
by isseism | 2016-01-20 14:21

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism