<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MTM(プチ矯正)

歯が取れたとの訴えですが、、、
取れてから大分経っているようです
a0140882_2210725.jpg

犬歯は歯茎の上には殆どなく根っこだけになってしまっていますが、レントゲンをみると根っこはまだまだ使えそうです(黄色の◯)

引っぱり出したいところですが犬歯の1本後ろの第一小臼歯が前に倒れてきているので出てくるスペースもありません、まず第一小臼歯を後ろへ(元の位置)バネを利用しています
(赤色←)
a0140882_22102573.jpg

第一小臼歯が元の位置に戻り犬歯を引っぱりだすスペースが出来ました(黄色⇔)
今度は根っこだけの犬歯をゴムの力で引っぱり出します(赤色↓)
2枚のレントゲンを比較すると(青色⇧)の距離が短くなっています
犬歯が出てきました

a0140882_22104582.jpg

出てきた犬歯に土台をたて仮歯を入れて歯茎の状態が落ち着くの確認していきます

根っこだけの歯は普通では抜歯の適応ですが、、、常に1本の歯をなんとか残せないかと患者さんと色々相談して今回はプチ矯正により根っこだけとなってしまった犬歯を甦らせました

治療期間はかかりますが1本の歯を残せれば価値があるのではと考えております
by isseism | 2010-06-23 21:09

歯根端切除

a0140882_15555620.jpg


術式は上図の通りです
(立川病院笠崎安則先生、木津英樹先生のご厚意による)
なぜ通常の根管治療では治癒しないのか?
歯科用の治療器具の破折、歯根の破折、歯根自体の感染、などをマイクロミラーにて確認し原因を除去、スーパーボンドにて逆根充しております。


a0140882_2332517.jpg

術後デンタルレントゲンの歯槽硬線に注目
逆根充材はスーパーボンドです
最近はMTAセメントがはやっているようですが、根尖病巣への細菌の感染ルートを考慮すると歯質接着性は重要ではと考えています
by isseism | 2010-06-08 23:33

智歯移植

a0140882_21542151.jpg


本日の移植(親知らずの引越)です。
第二小臼歯が割れてしまっています(赤い×)。Brの土台となっていたため負荷が大きくなり割れてしまったと考えられます。

そこで2つ後ろの親知らず(黄色い◯)を抜いた場所へ引越(移植)させました。

インプラントにするにはレントゲン写真の黒い部分(骨がなくなっている部分)が大きすぎます。

親知らずはもともと自分の体の一部です!その根の表面は歯根膜と呼ばれる座布団により覆われています。この座布団は土台の骨を誘導する能力がありそうなので、、、。

あとはくっつくのをまつばかり。
うまくくっつけばBr、入れ歯、インプラントを回避出来る事になります。
by isseism | 2010-06-08 20:53

歯根端切除

a0140882_2242741.jpg

a0140882_23383383.jpg


過去に何回か根の治療をした歯だそうです
レントゲンをみると根の左側をおおう黒い影(骨がないということ)
通常の根の治療では治らないと思える程の大きさの影です

歯茎を切って外から根の治療をこころみました。大きく骨がなくなっていて根がむき出しになっています。
根の先をよく観察するとなにやら黒いものが多量に付いています
これを通常の根の治療で取り除くのはまず不可能では、、
根っこの先を切り取ってしまうのは出来るだけ小さくしたいので、頑張ってこの黒い汚れを落としていきました

術後は極めて良好で先日、約2年後の経過観察の為に受診して頂きました
右のレントゲンをみるとかなり骨が再生されているのが分かります
(黒い影の範囲が狭くなってきています)

3年後も何事もなく経過をおっていけそうに思えます。
当院では根の手術後はトラブルがなくても1年後、2年後、3年後と拝見させて頂きます
経過をおうことで治療内容の妥当性を検討していきます

逆根充材はスーパーボンドでした
by isseism | 2010-06-01 21:03

東部歯科診療所のブログです。主に歯科についてです。


by isseism